ウーマン

難聴の悩みは補聴器が解消|聞こえない音でも聞こえる魔法のアイテム

難聴を助けるアイテム

病院

ますますの購入支援が必要

耳が聞こえにくい人にとって、補聴器は非常に手助けになる機器です。音が聞こえるという喜びは何ものにも代え難いでしょう。ですが、日本では遅々として普及が進まないのが現状です。ヨーロッパなどに比べてもその普及率は大幅に低く、また認知度も同じく低くなっています。原因はさまざまですが、まず人の目が気になるという点があります。補聴器をつけていると年寄りに見られるといった体裁を気にしている人もいるようです。また代替品が多いというのもあります。安価な集音器を買う人も多く、高額の補聴器には手を出しにくいといった側面もあるようです。しかし、聴力低下は事故などにもつながる危険をはらんでいますので、ますます高齢化が進む現在では政府や自治体が積極的に支援に乗り出す必要があるでしょう。

補聴器で違和感なく聴き取る

難聴といっても聞こえづらいといった聴力低下と、障害認定を受ける難聴があります。後者であれば障害者助成として、補聴器購入に国から補助金が出ることがあります。前者であっても自治体によっては助成をおこなっているところがあり、詳しくは住んでいる自治体に問い合わせてみると良いでしょう。先述したように、集音器と補聴器は似て非なるものです。補聴器は難聴の人の状況に合わせた機器ですから聞こえやすさはもちろんのこと、不要な雑音や衝撃音を軽減させることができますし、ハウリングといった音が回るのを防ぐ機能もついています。ですから、違和感なく音を拾うにはやはり補聴器にまさるものはなく、難聴の人でも自然に音を聴きとることができます。