ウーマン

難聴の悩みは補聴器が解消|聞こえない音でも聞こえる魔法のアイテム

種類と原因

女医

難聴に関する基本的なこと

まず音の伝わり方ですが、音は耳介から外耳道を通って鼓膜を振動させて中耳の耳小骨に伝わり、増幅されて内耳の蝸牛に伝わります。蝸牛がその振動を電気信号に変換して聴神経から脳に伝える事により、「音」感じ取る事ができます。難聴の種類は、主に3種類に分けられます。伝音難聴は音の伝える箇所に原因があります。外耳、中耳に原因がある場合に起きます。代表的なものとして中耳炎や鼓膜の損傷等があり、治療によって聴力改善の可能性が高いとされます。感音難聴は音を感じる部分に原因があり、内耳以降に原因が生じて、小さな音が聴こえなくなる上に音の強弱に対して鈍くなります。音は感知できるが、意味のある言葉として受容が困難になるケースが多いのが特徴で、感音難聴と言います。治療が難しく、通常、補聴器を使用する改善が求められます。ちなみに騒音性難聴や老人性難聴、突発性難聴もこれに含まれます。混合難聴は、両方に原因があります。補聴器を検討している人は福祉補聴器取扱店や耳鼻科医院と連携している販売店が適していますが、ほかにちょっとしたポイントがあるので幾つか挙げておきます。

補聴器は値段だけで決めずその後が大切です

補聴器はとても高価なものですが、値段を優先させて選ばないように気をつけて下さい。何度か調整を繰り返し、自分が心地良いと感じる最適な聞こえ方に徐々に近づけていき、時間をかけて完成させる物です。担当する販売員との共同作業を行い、長い付き合いが可能なお店で購入する事が重要なのです。認定補聴器技術者が常駐しているお店であれば最も安心なのですが、交通の便の良さも大切なポイントとなります。好みの音調等は個人差がある為、何社か試聴させてもらいましょう。まろやかに聴こえるメーカーやよく聞こえるが音の重さが気になる等メーカーによって結構異なります。たまにリースしてくれる販売店もあるので最初に気になる点を聞いておくのが効率的にお店やメーカーの選択が狭まります。汗かきな人は耳に掛ける型は故障しやすいなどちょっとしたポイントも購入の際は注意を払いましょう。最後に、補聴器はメガネのような機能性は期待しすぎない事も大切です。精度が高い補聴器の装着をしても、健聴者ほどの聴こえ方はできかねます。音自体は大きく聞こえても聞き間違えや聞こえない事もあり、特に周囲のノイズが多い環境においての完璧な聞き取りは困難です。