女医

難聴の悩みは補聴器が解消|聞こえない音でも聞こえる魔法のアイテム

用意する重要性

3人の医者

難聴になる可能性は誰にでもあります

難聴になってしまう可能性は誰にでもあります。人間の体で真っ先に老化現象がはじまることで有名な聴覚ですが使用しないことによって、もしくは加齢によって衰えてしまった筋肉などと違いって聴覚は自力で以前の状態に戻すことはできません。ですから、実際に難聴と呼ばれるような症状を発症してしまった場合は速やかに補聴器を用意することが望ましいです。難聴の状態なのに対策をとらずに放置してしまった場合は、生活する上で様々な支障が生じてしまう恐れがあるので注意が必要です。例えば緊急の地震速報が防災無線から流れてきた場合でも音声を聞き取れずに察知が遅れてしまい、対応できずに家具が地震の揺れで倒れてしまった場合は巻き込まれてしまう可能性が高まってしまいますし、平常時でも周囲の音が聞き取り難くなるので弊害は大きいです。

補聴器を用意することが大切です

難聴になってしまった場合は補聴器を用意する必要が発生します。とはいっても高齢になってから補聴器が必要になるほど聴覚が悪くなってしまう場合があるため、国民年金などで生活している場合は生活をするのが精一杯で、補聴器を購入するための費用を捻出するのが厳しい場合もあるのではないでしょうか。そういったときに有効なのが補聴器をレンタルしてくれる専門会社です。補聴器のレンタルを行ってくれる専門会社は低価格で高性能な補聴器をレンタルしてくれるので、まとまったお金を捻出できない方にとっては力強い存在になるのではないでしょうか。安いものなら月に1500円前後でレンタルすことができるので是非利用してみましょう。こういった専門会社は試用期間として無料で補聴器を利用できるレンタルサービスを行っているので、まずはそれを試してみるのもありです。

難聴を助けるアイテム

病院

周りの音が聞こえなくなってしまうと不安に感じるものであり、生活にも支障が出てしまいます。そんな時に耳の補助として助けてくれるのが補聴器です。これを使用することによって周りの音が聞こえない人でもしっかり聞くことが可能です。

もっと知ろう

種類と原因

女医

私たちは普段耳を通して音を聞いていますが、音が伝わるにもきちんとした仕組みがあるのです。また、難聴にも種類があり、それぞれによって原因も異なります。そのため、難聴になる原因や種類について知っておくと良いでしょう。

もっと知ろう

難聴になってしまったら

カルテと聴診器

難聴は音が聞こえなくなる症状です。症状が出た場合は、そのまま放置するのではなく早めに病院へ行き検査してもらうことが大切です。難聴と判断された場合は、補聴器を装着することにより改善ができます。

もっと知ろう